若葉ママのつぶやき日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 雛の国から

<<   作成日時 : 2007/02/23 12:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

画像

昨日の午後,我が家もようやくお雛さまを飾りました
1年ぶりのお出ましです。
お姉ちゃんが生まれた翌年,実家の父が一人で専門店で決めてきてしまい
無視された形になった母は当時,父の勝手な行動に不服そうでした。
そんな経緯があるお雛さま。。。おねえちゃんの初節句の時に母はようやくご対面
出来たのです。
初孫の節句という事で我が家のリビングに親戚を呼びお祝いしたのですが
正直。。。やり過ぎ〜だよ〜と思わずにいられませんでした。
10月生まれのお姉ちゃんはまだ5ヶ月。。。
私は初めての育児で心身共ヘトヘトでした。
唯でさえ実家から帰って来た途端,ご近所さんが連日出産祝いを持って
午前中から母屋に呼び出されたり
お披露目と言う事で近くの国民宿舎で親戚,仕事関係の方々に振舞ったり
昼夜逆転していた私にとって田舎の習わしに合わせる事は辛い事でした。
いくら子供のお祝いと言っても小さい赤ちゃん,抵抗力もないのに色んな人に
囲まれる事が当時の私には嫌なことでした。
お姉ちゃんの初節句の時も自分の意思とは関係なく色んな人が家に上がる
事に慣れていない私は凄〜くナーバスになり,実母の前でパパと大喧嘩して
しまった事もありました。。。
あれから。。。もう12年・・・月日が流れるのは早いものです。。。
この写真は初節句の翌年,お姉ちゃんが一歳半の時のものです
懐かしいいし可愛い姿のお姉ちゃん
昨日,飾り終えると末娘ちゃんが『お雛さまが雛の国から帰って来たね』
お雛祭りの唄を口ずさみながら嬉しそうにしていました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
実は私も,初節句には嫌な思い出があるんです。
主人の地元が,長男と長女にはすっごくお金をかけて支援するのに,三男である主人には,見事に無視って感じだったんです。
それだからって訳ではありませんが,うちの子たちは,表立ってお祝いとか,何一つしたこともないんですが,節句のときに,向こうの親が,私が長女だから,私の実家でお祝いをせんのはおかしい!って口出ししてきたんです。
そんな風習,うちの実家辺りにはなく,嫁ぎ先でして貰うもんだとばかり思ってたから,親もびっくりして,あまりにしつこいから,仕方なくしないといけないような雰囲気になって,そんな嫌なムードの中,節句のお祝いをしました。
お前の家でしろって割には,すっごく口出ししてきて,最悪だったんですよ!
それ以来,うちの孫にだけ,知らん顔の親なんで,それまで持っていた,情のようなものが全くなくなりました。
marippe
2007/02/23 15:04
こんばんは〜。
なるほど、色々とあったんですね。。。 特に田舎(失礼!)は昔からのしきたりというか慣わしがあるので、お付き合いも大変ですよね。特に、小さい子にとっては、また、そのお母さんにとっても負担になりそうですね。 お祝いしてくれる方の気持ちもわからなくはないですけど、一番良いのは祝って頂ける方の気持ちを大事にしてくれる事かもしれませんね。

文末の末娘ちゃんの言葉。とっても可愛らしいですね!(笑)
eimeis
URL
2007/02/23 20:43
上の子の時は初節句で大げさな御祝いしましたね〜
田舎って、そんなしきたりがあるのかもしれません。
ただし、我が家の場合は子供の御祝いは親である私たち夫婦がすべてを仕切りました。両家のJiJi&BaBaは 他の親戚と共にお客様扱いでしたね。
その代わり、お金かかったなぁ〜〜(汗)
2番目だった娘の時には 両家JiJi&BaBaと兄姉を家へ招いて簡単に済ませてしまったかな。何事も最初の子の時には手間暇かけるものですね(-.-;)y-゜゜
もかはらー
URL
2007/02/23 22:40
おはよう〜、昨日はメール有難う、
花粉症が酷いのよ、今朝の
頭痛に鼻水、目も痒いよ〜、
初節句って、何処も一緒ね、実家の弟の
姪の時も、父親系と、母親系の、おばぁちゃんが、
揉めてたよ、可愛いのよね、最近、
豪華な5段飾りや、7段飾りって!飾らなくなって、
押入れに入れたままの人が増えましたね、
飾って上げると、女の子って!喜びますね、
若葉さん、思い出が甦る、お雛様って!素敵よ。
mitirin
2007/02/24 07:41
素敵なお雛様ですね。

どのご家庭でも、
孫の可愛さが 揉め事の原因になっているみたいですね。

私も こちらに嫁に来たときには
いろいろとやらされました・・・・・。
正直 迷惑でした。

結婚式も いろいろもめました。
なので 結婚式のことを思い出したくありません。
いわゆる結婚記念日のお祝いなんかも 全然したことがありません。
撮っていただいた写真なども ほとんど見ていません。

お祝い事って
素直に喜べることが 一番の幸せなんだろうなぁ、って
思ってしまいます。

と ごめんなさい。自分のことを長々と書いてしまいました。

お雛様。
お部屋に出すだけで 雅な気持ちになりますね。
お雛様も 毎年飾ってあげると
表情が柔らかくなるんですって♪
たろっち
URL
2007/02/24 20:55
marippeさん★
同じ孫なのに外孫というだけで差別?嫌ですね。。。
しかも長男とか長女??同じ兄弟関係で差がつくなんて
何時代??と言いたいですね。
唯。。。その家庭の考え??なのかな。。。
私はね。。。長男の嫁だからかしら結婚前当初から
随分と色々利用されましたね。。。
今思うと何て理不尽??と思うような事もされたり
言われたり。。。それに比べ次男や3男のお嫁さんは
お客さん扱いでしたね〜
今は自分のペースで動いていますよ。。。
もう利用されるのは懲り懲りですからねー0−
主人は呆れているみたいだけど,良い妻良い嫁なんて
無理ですからね。。。
主人や舅,姑に振り回されるのは金輪際嫌なんです。
若葉
2007/02/25 09:26
eimeisさん★
長野が田舎だからこうだとかではなく
この地域特有とでもいうんでしょうか
何事にも大袈裟と言うか見栄の張り合い
未だに理解出来ない事が沢山有ります。
それでもね,家のお姉ちゃんの時に余りにも
過剰にお祝いしたから姑の実妹から子供のお祝いは
程ほどにとクレームが付いてから大袈裟な事はしなく
なりました。
本来のお祝いってお金をかけて大勢の人に来て貰う事でなく
招かれる方も付き合いがあるからとか義理で呼ばれる事では
無い筈ですよね。
この時に感じた事は孫が生まれて可愛いからより
向こうの両親の周囲に対しての見栄とか義理とか
そんな事しか伝わりませんでした。
出産祝いも,初節句祝いも姑さんが管理してしまって
お祝いの引き出物や食事代で使われて
姑さんのお陰で幾らもお祝い金が残らなかったんです。
これに懲りて長男が生まれた時は自分達でお金の管理する
ようにしました。
向こうが良かれと思ってやる事が私には凄く負担にも
なり辛い時期でしたね
雛の国は以前,読んで上げた紙芝居の中に出てくる
お雛さまの国です。






若葉
2007/02/25 10:15
もかはらーさん★
初孫って周りも舞い上がってしまうんでしょうかね^〜^;
嬉しい気持ちが有難いけど,度を過ぎると正直。。。辛いです。
田舎のしきたりというのもあるんでしょうが,その家独自の
ものもあると思います。思えば結婚式の日取りを決める時も
式場にしても,お姑さんが仕切っていましたから。。。
お姑さんとにかく調子が良いんですー0−
この調子の良さに結婚当初は悩まされましたから;−;
上の子の時の事を教訓にして息子くんの時はしっかり
お金の管理,お返しは自分達でするようにしました。
大変だったけど親は私達ですから仕切るのは当たり前
ですよね。
若葉
2007/02/26 13:26
mitirinさん★
お加減は良くなりましたか^−^
最初のお雛さまの時は正直,辛い思い出が多いんです;−;
新婚生活も楽しめない内に初めての出産,育児。。。
私にとって苦しい時期でした。周りに知人もいない孤独な日々
それでも頑張れたのは,主人の存在ではなくお姉ちゃんがいたから
子供達が生まれる毎に私も強くなったような気がします。
お雛さま。。。子供時代欲しいなぁ〜と思っていたから
娘達の物でも飾ると嬉しいです。
家もいつまで飾るかな〜
若葉
2007/02/26 13:39
たろっちさん☆
たろっちさんも辛い思いを沢山されていたんですね。。。
自分の結婚式を思い出したくもないなんて;−;
とても悲しいですね。。。
私も此処へ来た当初は色々とお手軽に使われていましたね〜
今思えば私も人が良すぎたんですね〜^〜^;
それでも一所懸命慣れようと頑張っていたんです。。。
でもね。。。その後,度重なる家族の暴言,行動
本当に堪えました。。。そしてやる気を失くしました。
だから良い嫁にも妻にもなる事はもうしません。。。
良い母親にはなりたいですけど^−^;
お雛さま。。。毎年飾ってあげると表情が柔らかくなるんですか
きっとお雛さまも嬉しいんですね。
皆に見てもらえる事が*^−^*



若葉
2007/02/26 14:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
雛の国から 若葉ママのつぶやき日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる